ホーム > プロジェクタースクリーンの選び方

プロジェクタースクリーンの選び方

プロジェクタースクリーンの大きさの選び方は?


 

  プロジェクタースクリーンのインチ数は対角線の長さで表されます。たとえば、100インチのスクリーンは100×2.54で対角線が254センチあります。

  大きさを選ぶ際は、図のように視聴者の最前列からの距離(D)がサイズの目安となります。好みにもよりますが、たとえば、最前列が300cm程度の距離であれば、300÷2.54=120で、120インチ程度の大きさが最適です。視聴者の最後列は、画面が4:3フォーマットであれば画面の高さ(H)の5倍、16:9フォーマットであれば画面の高さ(H)の3.3倍を目安にしてください。

  スクリーンの下辺の高さは、画面の一番下が、視聴者の目の高さと同じか下になるようにしてください。目の高さより上になると、長時間、見上げる形で視聴する場合に疲れてしまいます。また、下すぎると、前列の視聴者で隠れてしまいます。椅子の高さにもよりますが、80cm〜115cmが目安となります。

 

 

参考動画 − プロジェクタースクリーンの選び方

プロジェクタースクリーンのタイプの選び方は?


壁掛け・天吊りタイプのスクリーン

  入門用には手動タイプのスクリーンが最適です。エリートスクリーンでは、「マニュアル」シリーズなど、シンプルでコストパフォーマンスの高い価格にてご提供しています。手動タイプは、スプリングの力を利用してスクリーンを巻き取ります。長くお使いいただくためには、ゆっくりと自動で格納される「スローリトラクトメカニズム」が付き、平面性も高い「マニュアルSRM Pro」シリーズをお勧めします。

  電動タイプのプロジェクタースクリーンは、リビングルームなど、通常は別の目的でお部屋を利用し、スクリーンおよびプロジェクターを隠しておく場合に最適です。大きなスクリーンを電動でお部屋に出現させる演出で、お客様を驚かせることができるのも、電動スクリーンの魅力のひとつです。エリートスクリーンのほとんどの電動スクリーンには、IR(赤外線)およびRF(ラジオ周波)のリモコンを同梱しています。また、プロジェクターに5-12Vトリガ入力端子があれば、プロジェクター電源との連動も可能です。サイズ(対角)は75インチから400インチまで取り揃えています。エリートスクリーンの標準的なモデルは「ヴィマックス2」シリーズになります。生産モデルを限定して価格を抑えた「スペクトラム」も好評をいただいています。

 

ポータブルスクリーン

  普及価格のポータブルスクリーンとして、「トリポッドスクリーン」を用意しています。スクリーンを教室、披露宴、ホームパーティーに持ち運んでプレゼンテーションを行う場合に最適です。

  立上げ式スクリーン「EZシネマ」は、簡単にセットアップでき、場所を選ばないため、会議室やプレゼンテーション、授業など、幅広い用途に使えるスクリーンです。このタイプで150インチの大きさまであるのはエリートスクリーンだけ。壁や天井を傷つけない、「持ち運び可能なホームシアター」を実現するためにもご使用いただけます。

  「クイックスタンド」は、商用のポータブル型固定フレームスクリーンです。出張での大規模なプレゼンテーションや、イベント、トレードショーに最適のスクリーンです。耐久性があり、軽量で、正面から投影する「フロント用」のスクリーン素材のほか、スクリーンの裏側から投影する「リアプロジェクション用」のスクリーン素材もあります。野外での投影やDJイベントにも適し、AV業界で高い評価を得ています。スクリーンのサイズは、ポータブルスクリーンのなかで最も広範囲に取り揃え、72インチから350インチまで用意しています。

 

固定スクリーン

  固定フレーム型のスクリーン「EZフレーム」は、ホームシアター専用ルームを持つ場合に最適です。最高級の環境を志向するお客様は、電動や手動の格納式のスクリーンではなく、このタイプのインストレーションを選択しています。サイズは、84インチから200インチまでとり揃えており、映画館に引けを取らないホームシアターを実現できます。「セイブルフレーム」は「EZフレーム」の廉価版モデルです。また、エリートスクリーンでは、映画館と同様のカーブドスクリーン「リュネット」も、リーズナブルな価格で用意しています。

  スクリーン生地は、自然光のある部屋での投影や3Dでの投影には「シネグレイ5D」がお勧めです。

 

ホワイトボード・接着式スクリーン

  「ホワイトボードスクリーン」シリーズは、プロジェクタースクリーンとドライイレースホワイトボードを一つにし、場所を節約できるエコ製品です。スクリーン素材「スターブライト4」は自然光の強い環境に最適です。

  「ホワイトボードユニバーサル」シリーズは、一般的なホワイトボードへプロジェクターの映像を投影した際に発生するギラつきを極限まで防止したスクリーン素材「バーサホワイト」を使用したホワイトボードです。

  「インスタDE2」シリーズは、壁そのものホワイトボード・プロジェクタースクリーンに変更するための製品です。

  「インスタDEM」シリーズは、裏面のマグネットを使用して、従来のホワイトボードや黒板の上に貼るタイプのプロジェクタースクリーンです。

  「インスタRP」シリーズは、お店のショーウィンドウでコマーシャルを投影する際に最適な製品です。

 

電動立上げ式スクリーン

  「ケストレル」、「ケストレルテンション」シリーズは、新しいタイプの電動プロジェクタースクリーンです。高級グレードスクリーンに、立上げ型のポータビリティを兼ね備えた製品です。

 

 

スクリーンのフォーマット(アスペクト比)の選び方は?


  16:9 − HD(High Definition)タイプのフォーマットです。最新のテレビで最も広く使われているアスペクト比です。DVDやブルーレイの鑑賞が中心の場合、16:9のプロジェクタースクリーンを選びます。

  4:3 − 以前のテレビ画面(HDタイプではないテレビ画面)、パソコンの画面(SVGA、XGA、UXGA)のアスペクト比です。資料でのプレゼンテーションにのみSVGA、XGA、UXGAプロジェクターを使用する場合は、このフォーマットを選びます。16:9での映像の鑑賞と4:3でのプレゼンテーションと兼用で使用する場合は、映像の鑑賞をするときにきれいに投影できる16:9をお勧めします。

  16:10 − 最近のWXGA、WUXGAのノートブックパソコンで使用しているアスペクト比です。ノートブックパソコンと同じ画面を投影したいに選びます。プロジェクターがWide XGA、Wide UXGAに対応している必要があります。

  2.35:1 − 映画館と同様のワイドスクリーンシネマスコープフォーマットです。プロジェクターの画素を最大限に利用するアナモフィックレンズを使用した投影で使用します。最近のプロジェクターではレンズなしでもこのフォーマットでの投影ができるタイプがあります。

 

パソコンで使うスクリーンには16:9?4:3?それとも16:10?

  通常は16:9か4:3をお勧めしています。

  パソコンにプロジェクターを接続して投影する場合、プロジェクターの仕様に依存しますが、通常は4:3、16:9いずれのモードも、プロジェクターがモードを持っているため、投影は可能です。

  パワーポイントなどの資料を映すとしたら4:3、パソコンでDVD等の映像を再生する場合は16:9がお勧めです。 普段、どちらの映像を主に写すかでお選びいただければよいと思いますが、少しでも映像を映すことがあるならば、16:9をお勧めしています。この場合、資料を映す場合のみ、スクリーンの左右が少し空いてしまうことになります。プレゼンテーションなど、資料の投影が特に重要な場合、4:3をお勧めしています。この場合、映像を映す場合のみ、スクリーンの上下が空きますが、スクリーンを途中まで下し、16:9のように見せかけるという工夫も可能です。

  パソコンの画面とプロジェクターの画面に同じ映像を映すには、パソコン側のモードを「複製」にします。すると、パソコンの画面のほうが、プロジェクターの縦横比に合わせて表示されます。たとえば、プロジェクター側を4:3のモードにしてパソコン側のモードを「複製」にすると、パソコンの画面のほうの左右が空き(左右が黒く表示され)、プロジェクターから投影される映像は4:3になります。

  パソコンの画面をフルに使って、かつスクリーンの縦横ともしっかりと合わせたい場合のみ、16:10のスクリーンを使い、プロジェクターも16:10のモードを有するものをお選びいただく必要があります。

 

短焦点に適したプロジェクタースクリーンは?


  プロジェクターが短焦点・超短焦点タイプの場合、近い距離から斜めに投影するため、スクリーンに少しでもシワやたるみがあると、斜めから投影した画像がゆがんでしまいます。このため、スクリーンの平面性が重要です。

  短焦点に対応した平面性は、周囲からスクリーンの生地を引っ張ることで得られます。エリートスクリーンでは、以下のスクリーンが対応しています。

1)電動スクリーン

  電動スクリーンでは、「シネテンション2」シリーズであれば、短焦点・超短焦点に対応しています。スクリーン下部のバーの重さと、左右両端のワイヤーで生地を引っ張る方式となります。


  「 シネテンション2」シリーズ − 生地は、リアから投影できる場合はシネテンション2の「レイスベール」、前方から投影する場合は「シネホワイト」をお勧めします。どちらの生地も、弾力性があり、引き伸ばすことで超平面性を得るタイプのため、数十センチレベルの距離から投影する「超短焦点」プロジェクターにも最適です。

  なお、数十センチレベルの距離から投影する「超短焦点」プロジェクターには、 セイカータブテンションの150インチ以上か、 シネテンション2を推奨します。

 

2)ポータブルスクリーン

  ポータブルでは「クイックスタンド」か「クイックスタンドドレープ」シリーズが短焦点・超短焦点に対応しています。


  「クイックスタンド」シリーズ − ポータブル型の固定フレームスクリーンです。4辺のフレームにより生地を引っ張ることで完全な平面性を作り出すため、数十センチの距離から投影する「超短焦点」プロジェクターにも最適です。生地は、リアから投影できる場合はシネテンション2の「レイスベール」、前方から投影する場合は「シネホワイト」をお勧めします。

  「クイックスタンドドレープ」シリーズ − 「クイックスタンド」シリーズの周囲に黒いドレープ(カーテン)を取り付けたタイプです。

 

3)固定スクリーン・ホワイトボードスクリーン・接着タイプ

  固定スクリーン・ホワイトボードスクリーン・接着タイプは、いずれも短焦点・超短焦点に対応しています。


  固定スクリーン − 固定スクリーンは、4辺のフレームにより生地を引っ張ることで完全な平面性を作り出します。生地は、リアから投影する場合は「レイスベール」、前方から投影する場合は「シネホワイト」をお勧めします。

  ホワイトボードスクリーン・接着タイプ − ホワイトボードスクリーンは、もともと平面性のあるボードを使用して製造しています。接着タイプを短焦点で使用する場合、平面性の高いボードに生地を貼る必要があります。

 

 

プロジェクタースクリーンの生地の選び方は?


 一般的には、発色のよい「マットホワイト」と呼ばれるタイプをお勧めしています。エリートスクリーンのマットホワイトタイプの生地は、どれも色バランスが良く、広い視野角で、どの位置から見ても鮮明な映像が得られます。エリートスクリーンのマットホワイトタイプには、最もリーズナブルな「マックスホワイト」、裏面をファイバーグラスで補強して平面性を高くした「マックスホワイトFG」、生地を引っ張ることでさらに平面性を上げた「シネホワイト」があります。

 その他、エリートスクリーンでは、背面にスピーカーを設置できる音響透過型のタイプや、リアから映像を投影するタイプなども含め、あらゆるタイプの生地を取り揃えています。すべての生地の解説は、こちらから参照できます。

 

 

人気のあるプロジェクタースクリーンは?


最も人気のあるプロジェクタースクリーンは?

  100インチポータブルプロジェクタースクリーン16:9フォーマット − F100NWH

  100インチ電動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − Electric100H

  100インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M100UWH

  120インチポータブルプロジェクタースクリーン16:9フォーマット − F120NWH

  125インチ電動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − Electric125H

  150インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M150XWH2

 

イベント会場向けに人気のあるプロジェクタースクリーンは?

  120インチポータブルプロジェクタースクリーン 4:3フォーマット − Q120V1

  150インチポータブルプロジェクタースクリーン 4:3フォーマット − Q150V1

  150インチポータブルプロジェクタースクリーン16:9フォーマット − F150NWH

 

教育・トレーニング用に人気のあるプロジェクタースクリーンは?

  150インチポータブルプロジェクタースクリーン16:9フォーマット −F150NWH

  150インチポータブルプロジェクタースクリーン4:3フォーマット −F150NWV

  150インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M150XWH2

  150インチ手動プロジェクタースクリーン 4:3フォーマット − M150UWV2

  100インチ電動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − Electric100H

 

会議室用に人気のあるプロジェクタースクリーンは?

  100インチ電動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − Electric100H

  100インチ電動プロジェクタースクリーン 4:3フォーマット − Electric100V

  100インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M100UWH

  120インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M120HSR-Pro

  100インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M100HSR-Pro

 

ホームシアター用に人気のあるプロジェクタースクリーンは?

  100インチ電動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − Electric100H

  100インチ電動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット24インチ延長 − VMAX100XWH2-E24

  80インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M80UWH

 

持ち運び用に適したプロジェクタースクリーンは?

  100インチポータブルプロジェクタースクリーン16:9フォーマット − F100NWH

  120インチポータブルプロジェクタースクリーン16:9フォーマット − F120NWH

  120インチポータブルプロジェクタースクリーン4:3フォーマット − T120UWV1

 

教会・病院・施設用のプロジェクタースクリーンは?

  150インチ手動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − M150XWH2

  125インチ電動プロジェクタースクリーン 16:9フォーマット − Electric125H

  120インチポータブルプロジェクタースクリーン4:3フォーマット − F120NWV